三重県塩川病院 医療法人誠仁会

 
サイトマップ
情報保護方針
塩川病院(三重県)の理念診療科目のご案内塩川病院(三重県)概要お問合せアクセスマップリンク集看護師採用情報
   
人間ドック・各種検査  
   
メタボリック症候群をはじめとする「肥満が引き起こす不調」は早期に改善しましょう。  
   
   
内臓脂肪検査内容  
脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪があり、その名の通り皮下脂肪とは皮膚の下の脂肪であり、内臓脂肪とは腸や肝臓の周囲に付く脂肪のことを指します。
従来、内臓脂肪の量を測定することは困難でしたが、CTスキャナの設備、技術が発達し、それにより内臓脂肪の量を簡単に測定することが可能になりました。
この内臓脂肪は、生活習慣病の元凶と言われており、動脈硬化を推進させます。
内臓脂肪は早期発見、早期対策が一番重要です。そのため、当院では内臓脂肪検査をお受けいただける設備を整えております。
 
   
検査にあたってのご注意事項  
検査にあたっての注意事項は特にございません。  
   
メタボリック症候群とはなんでしょうか  

メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)とは、簡単に言うと、『内臓脂肪型肥満』と『他の危険因子(高脂血症、高血圧、高血糖など)』を併せ持った状態のことをいいます。このようなメタボリック症候群は、1つ1つの危険因子が軽いものであっても、それが組み合わさることで動脈硬化を引き起こす可能性が高くなり、その結果心臓病や脳卒中などを引き起こす可能性が高くなることを示しています。

ここで大切なのは、1つ1つの危険因子が軽いものであっても、それが組み合わさることで、大きな病気を生み出してしまうという点です。軽微なものであるからといって、そのままにしておくと大きな病気に繋がってしまいます。

上述の危険因子を持っていない人を基準にデータを見ると、危険因子が2つある人は約6倍、3つ以上ある人は約36倍の心臓病の発生率がある、とも言われています。

メタボリック症候群の療法としては、『食事療法』と『運動療法』の2つの療法があります。内臓脂肪は一般的に皮下脂肪と比べて落ちやすい性質がありますが、メタボリック症候群の治療には、医師の適切な指導と、患者さまご本人の努力が必要です。

日本の40歳以上の成人男女の約半数は、メタボリック症候群もしくはその予備軍と言われています。 内臓脂肪の状態は、体重の増減や体脂肪のチェックでは計りきれない部分ですので、医療機関で定期的に検査を受けることが、メタボリック症候群の早期での発見・改善へと繋がります。


 
   
 
塩川病院 お問い合わせ窓口

0569-11-2222

診療時間

午前:9:00 - 12:00
午後:15:00 - 18:30
※科目により異なりますので、
詳しくは診療カレンダーを
ご確認下さい。

各科ごとの診療時間

アクセスマップ

 
診療科目のご案内
  内科
  神経内科
  消化器内科
  外科
  整形外科
  脳神経外科
  皮膚科
  放射線科
  麻酔科
  リハビリテーション科
  回復期リハビリ病棟
 
専門外来のご案内
  糖尿病外来
  乳腺外来
 
人間ドック・健康診断
  人間ドック
  健康診断
  特定保健指導
  脳ドック
  乳がん検査
 
先進医療施設のご案内
  三重ガンマナイフセンター
  三重先端医療PETセンター
 
リハビリ関連施設
  通所リハビリテーションセンター「絆」
  介護保険リハビリテーション施設
(訪問・通所・入所)
 
イベントのご案内
  イベントのご案内
 
会員制度のご案内
  塩川メディカル倶楽部
 
関連施設のご案内
  介護福祉施設一覧

医療法人誠仁会 塩川病院
〒513-0844 三重県鈴鹿市平田一丁目3番7号 >地図はこちら
TEL:059-378-1417/ FAX:059-370-4656

Copyright(c)Shiokawa Hospital All Rights Reserved.